病気を治す

医者

毎年、多くの人間が命を落としている、恐ろしい病気、肺がんはその一つです。肺がんの原因と言はれているものには、タバコの吸いすぎ、アスベスト等の人体に有害な物質によって引き起こされているようです。 肺がんを治療するために、数多くの方法が生み出されてきました。ですが、当然それらの治療法には、副作用が存在することがあります。 肺がんの治療法といて、外科手術、放射線療法、薬物治療。この三つが一般的な方法であると言えるでしょう。それぞれに長所と短所が存在する方法です。外科手術や薬物治療などでは、時として、長期間もしくは一生副作用と戦う必要がありますが、一定以上の効果が期待できます。放射線療法は、薬物とともに行われることが多いのですが、これ自体では、長期の副作用が現れづらいという利点を保有しています。このように状況によって取るべき治療法が異なるので、医師と相談の上で治療法を決めましょう。

肺がんの治療のポイントは、摘出による手術と抗がん剤による今後のケアの組み合わせが一般的です。いずれにしても、高額医療となり、税金控除やあとでいくらかは戻ってくるのが一般的ですが、肺がん対応の保険に入っておくことが重要です。 がん保険と入院保障で、入院であれば1日1万円の保障がおすすめです。最近は1週間で退院出来るケースが多いので、10日以上での保障に入っている場合は注意が必要で、昔の保険にその傾向があります。肺がんの手術と治療で100万円以内ですみますのでそれをカバーする保険が重要です。 肺がんののちの治療である抗がん剤は、特別なオプションに入らないと保障されませんので要注意です。3年ぐらいの治療期間になりますので200万円程度が必要です。