方法を知る

医者

乳がんになってしまって、がんがある程度進行してしまっているような場合は、乳房を切除する必要がある可能性があります。しかし、女性にとって乳房は大切な体の一部ですから、切除してしまうことに対して抵抗があることが多いと考えられます。 しかし、最近では乳がんによって乳房を切除したとしても、再び人工の素材を使って乳房の再建手術を行うことができます。この乳がん治療の後の再建手術に関しては、最近医療保険の適用されるようになりましたから、それほど費用がかからずに行うことができます。 もしも、乳がん治療後の再建手術を行う場合は、再建手術を行っている専門の医療機関を探すか、乳がん治療を行った病院などで、継続して再建手術を行うという方法もあります。

乳がんの再建手術は近年注目されている分野です。 乳がんで乳房を切除する必要がある場合、女性にとっては術後の生活や精神面などに多くの影響が心配される部分です。 手術後の生活の質の改善策の一つとして乳房の再建手術が注目されています。主にシリコンなどが用いられより自然に切除まえの乳房の形を再現するものになり年々再建技術のレベルも上がってきています。欧米などでは乳がん死術後の乳房再建に関して様々な研究や議論がされておりより先進的な再建方法が取り入れられています。日本でも乳がん手術後の女性の心理ケアなどの関心が年々高まっており乳房再建手術に関しても徐々に認知されてきています。特に若い女性の場合は積極的に取り入れられる傾向があります。