摘出が必要

医者

脳動静脈奇形は、CTやMRI・MRAなどの画像検査で確認することができます。また、脳血管造影による検査でも確認することができます。 脳動静脈奇形は、内服薬で治療することはできません。けいれんなどが生じた場合には、症状を和らげることができる薬を内服することがありますが、脳動静脈奇形を小さくする薬は開発されていないので、手術などで取り除く必要があります。 脳動静脈奇形の治療法には、開頭による摘出法があります。この方法では、全身麻酔を施した状態から開頭し、手術顕微鏡を用いて、異常血管を確認して、異常な部分と正常な部分の境界を金属製の動脈瘤クリップなどで止血してから脳動静脈奇形を摘出します。最も確実性が高い治療法でありますが難易度が高い手術です。そのため、医師の手術実績などを確認してから治療することが重要です。

脳動静脈奇形の治療法には、カテーテルによる塞栓術という方法があります。この方法は、局所麻酔を施してから、股のつけねの血管(大腿動脈)からカテーテルを挿入して、カテーテルを脳動静脈奇形の場所まで誘導して、異常な部分に塞栓物質を詰め込み、異常な血管を一本一本詰めてしまう方法です。そのことで、脳動静脈奇形本体と、それに血液を送っている血管に血液が流れないようにします。この手術方法は、身体への負担が非常に少ないことが特徴的です。手術のリスクも少ないため、安全性が高いです。しかし、治療できる範囲が限定されているため、小さなサイズの症状の場合に行うことが多いです。また、この治療方法は、他の方法と組み合わせて行われる場合も多いです。